bar
書籍のご案内
 
新しい企業年金ハンドブック

Q&A 労働組合のための 新しい企業年金ハンドブック

◆監修:労働金庫連合会
◆仕様:A5判 ソフトカバー 136ページ オール2色
◆定価:本体476円+税
Q&A形式でわかりやすく解説
概要

退職金・企業年金制度の改定、確定拠出年金、キャッシュバランスプランなど、新しい企業年金制度導入に際して、労働組合や勤労者が不利益を被らないためには、正しい知識を身につけることが先決。Q&A形式で、年金新時代のライフプランから新制度の概要、守るべき権利、労使交渉の進め方、資産運用の知識までをわかりやすく解説。

目次

I章 21世紀に求められる新しいライフプランと老後への備え
 1.社会環境の変化
 2.公的年金制度改革と老後の暮らし
II章 変わる企業年金・退職金制度
 1.退職金と企業年金
 2.退職給付債務
 3.適格退職年金
 4.厚生年金基金
 5.確定拠出年金
 6.確定給付企業年金
III章 労働組合として守るべき権利と労使交渉の進め方
 1.労働組合としての権利
 2.労使交渉の進め方
IV章 資産運用とリスクに対する考え方
V章 ろうきんの取組み(方針)
資料

コメントする
*入力項目はいずれも必須です