bar
書籍のご案内
 
ようこそ伝統芸能の世界 伝承者に聞く技と心

ようこそ伝統芸能の世界
<伝承者に聞く技と心>

◆著者:森田ゆい
◆定価:本体2,000円+税
4名の人間国宝はじめ、各分野の名だたる先達13名が、素朴な疑問に答えて芸の伝承と日本文化の神髄を語る! 伝統芸能の真の魅力を知り鑑賞へ誘う、これまでにない超・入門書。
日本全国に緊急事態宣言が出され、市中の書店さんは休業が相次いでいます。一方、外出自粛要請によりネット通販の需要が急増した影響か、大手ネット書店さんの対応が乱れており、ご迷惑をおかけしております。 そこで、このような現状への臨時的な対応策として、4月刊行の『ようこそ伝統芸能の世界』を送料無料にて直接販売させていただきます。 本サイトの「お問合せ」メールフォームよりご注文いただければ、3日程度でお送りします。代金は、お手数ですが、本の到着後1週間以内に郵便振替(手数料はお客様ご負担)にてご送金ください。ただし、原則としてお一人様1部、送り先は日本国内とさせていただきます。 どうぞよろしくお願い致します。
概要

4名の人間国宝はじめ、各分野の名だたる先達13名が、素朴な疑問に答えて芸の伝承と日本文化の神髄を語る! 伝統芸能の真の魅力を知り鑑賞へ誘う、これまでにない超・入門書。
特別付録DVD(和文・英文テロップ付 121分)
The World of Japanese Traditional Performing Arts

インタビュー

*能楽 シテ方 関根祥雪、*狂言方 山本東次郎、*囃子方小鼓 大倉源次郎
*文楽 竹本錣太夫、*三味線 鶴澤寛太郎、*人形 吉田勘彌
*日本舞踊 西川扇蔵、西川祐子
*地唄舞 神崎貴加江
*組踊 宮城能鳳、新垣悟
*琉球舞踊 志田房子、志田真木

実証実験による芸の伝承、身体技法の研究レポート併載
――視線追尾実験、熟達差による動作と呼吸パターンの関係など

ようこそ伝統芸能の世界 伝承者に聞く技と心
コメント
line
TS |2020年5月 8日 14:55 | 返信

とかく専門書は文章が多くて一般の私たちみたいな者にとっては敬遠、なのですが
写真が多くほんとうに分かりやすく(文章が長すぎなくて)魅力的な本です。

line
line
Nishi |2020年5月13日 13:15 | 返信

大変興味深い内容でした。身体の動き、呼吸法、視線追尾などの計測もあり、このような視点から伝統芸能を解読したものは他にもあるのでしょうか?
それも特定の芸能ではなく、琉球舞踊や文楽など幅広く直接取材をした貴重な記録で、この本は時間を経過するほど価値が出てくると思います。
単なる客観的解説ではなく、筆者の密着取材で引き出したところに魅力を感じました。

line
line
KT |2020年5月14日 17:14 | 返信

恰好の入門書だと思いました。
それぞれの伝承者の人間性とともに彼らの平素の真摯な努力や苦労の一端が垣間見えて、
これらの芸能が急に身近に感じられました。

line
line
tomy |2020年5月15日 20:50 | 返信

日本舞踊を習っている友人のすすめで、購入いたしました。日本の伝統芸能を知るうえで、とても読みやすく、先生方のインタビューからは先生方の人となりや芸に対する姿勢が感じられました。ぜひコロナが終息した暁には、お舞台を観に行こうと思いました!

line
line
かんちゃん |2020年5月16日 17:37 | 返信

能楽、狂言、囃子方に文楽、日舞、地唄舞、組踊、琉球舞踊まで
余すことなく伝統芸を丹念に取材、
ビデオを使った所作の分析まで、
徹底した追求は他の追随を許さない貴重本!

line
line
踊て戻ら |2020年5月20日 17:32 | 返信

書店でパラパラとページをめくっていたら、能鳳先生が…!もうちょっとめくったら、新垣 悟さんが…、もうそのままレジに足を運んでおりました。
真っ先に能鳳先生のページから読み始め、続けて新垣悟さん。よくよく見ると、大倉源次郎先生や志田房子さん、志田真木さんのお名前まで!!
夢中であっという間に読んでしまいました。仕事からの帰り道、電車を乗り過ごさなくて良かったです。
第一線で名を馳せた先生方のお話は、とてもいいですね。能鳳先生に限らず、どの先生方のお言葉も納得できるものばかりで、読んでいてとても楽しかったです。
難解な言葉は極力排除されていて、伝統芸能の敷居が高いと思っている方にも、とても読みやすいインタビュー集となっています。
著者である森田 ゆい先生の伝統芸能への愛があふれ出ていて、とてもうれしく思いました。
素敵な本をどうもありがとうございました。

line
line
葛飾の隠居志願 |2020年5月30日 14:15 | 返信

本書は、今、まさに未来に向けて残すべき日本文化への独自の視点からの貴重な本だと思います。「身体技法の研究レポート」の視点がとても面白いです。
私は、70歳になって始めた極真空手を、心臓の手術でドクターストップがかかりやめましたが、今でも毎日「型」をやっています。体幹を鍛え重心の持ち方や身体機能は、日本の伝統芸能に通ずるものがあるように思います。
グローバルな時代であればこそ、日本人が日本の文化伝統を理解し教養を深めて世界に出て行ってほしいと願っています。

line
コメントする
*入力項目はいずれも必須です