bar
書籍のご案内
 
ゲンさんとソウさん

ゲンさんとソウさん

◆著者:松下隆一
◆定価:本体1,600円+税
◆刊行:2021年1月25日発売
第1回京都文学賞受賞作家の受賞後書き下ろし第一作! ゲンさんは耳が聴こえない、ソウさんは眼が見えない。そんな二人が出会い、みつけた生きる歓び。
概要

〝思いやり〟をいかに深く描くかという、シンプルな一念で書き上げました。インターネットなどテクノロジーの進化によって、昔よりも多様なコミュニケーション手段を得ているはずが、昨今のS N Sに象徴されるように誹謗中傷に傷つき、憎悪をかき立てられ、かえって人間同士の絆が分断される事態を数多く招いています。

本作『ゲンさんとソウさん』は江戸時代、目の見えない老人と耳が聞こえず口のきけない老人が出会い、捨て子を育てながら、それぞれの足りない部分を補い合い、支え合って生きてゆく様を描いています。純粋に魂が触れ合うことで理解し合うという、究極的なコミュニケーション、真の共生の姿がここにあります。江戸情緒を堪能して頂き、泣き笑いの人情の中で繰り広げられる〝思いやり〟の美しさをお楽しみ頂けたら幸いです。

著者 松下隆一さん直筆メッセージ
ゲンさんとソウさん 松下隆一さん直筆メッセージ
表紙カバー
ゲンさんとソウさん カバー
コメントする
*入力項目はいずれも必須です